2019年11月04日

「異なる思い」そして「謝罪要求」

 人の心は一律ではありません。自分が好きなものでも、他の人は嫌いなものも一杯あるでしょう。自分が思っていることや感じていることが、他の人と異なることは当然のことです。その違いを互いに認めるところから、人と人そして国と国の良き交流が始まります。自分の一方的な主張のみでは、小さな諍いを招き、更には大きな諍いに繋がると思うのです。それは、人と人の間でも、国と国との間でも言えることなのではないでしょうか。
 近年、謝罪を求めることが何と多いことか。祖父の代以前に戻っての謝罪要求まであります。謝罪したとしても、それで満足している様子は見えません。更に恨みだけを募らせているように思えます。そして、その負の連鎖を子孫に繋ごうとしている人達もいます。これでは世の中、平和になる訳がないと思います。憎しみを越えたところから、より良き未来が開けてくるのではないでしょうか。
posted by nikki at 09:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

パパ友

 先日、三軒茶屋のハンバーガー屋で、軽い昼食を摂っていた時のことです。それぞれに2歳ぐらいの男の子を連れた2人のパパ達が向かいの席に着きました。子ども達は遊びながらハンバーガーを食べ、パパ達も談笑しながらコーヒーを飲んでいました。ママ友ならぬパパ友なのでしょうか。無骨ながらも健気に、幼い子ども達の面倒を見ながらも、男同士で結構、会話を楽しんでいるようでした。ママ達は仕事でしょうか、それともママ友の集まりにでも行っているのでしょうか。新しい時代の父親像を垣間見た思いでした。店を出て秋の空を見上げると、一点の雲もない空が広がっていました。
posted by nikki at 09:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

枯葉色

 装う色にも季節がある様に思います。秋も深まった今の時期、服装に取り入れたい色は、やはり枯葉色でしょうか。厳密には違うかも知れませんが、黄土色の少し濃い目のものを、私はそう呼んでいます。ジージャンの下のニットセーターや、防寒用のマフラー、ズボンやスカートを枯葉色にすると、何となく秋の季節を身に纏っているようで、しっくりします。着物の柄付けに、紅葉した葉とか菊の花などを染めたものが、今の季節に多く見られます。絵柄で単刀直入で秋の季節を取り入れることも素敵ですが、何気なく枯葉色の無地の着物を着るのも、押しつけがましくない奥ゆかしさを感じさせます。そんな装いの和装の女性を、先日街で見掛け思わず1人で頷いてしまいました。
 日本の深まる秋に、落ち葉色ほど似合うものはないのかも知れません。単なる私の独り言ですが。
posted by nikki at 16:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする