2020年03月23日

採用試験

 昨今の採用試験の状況について、話を聞くことがありました。吃驚しました。
 就活をしている大学生は、何社も採用試験を受けていると言うことには、驚きはしませんでしたが、第一希望と滑り止めの企業をはっきりと区別していて、就活の大学生は面接のおりに明確に伝えるということに、私は驚きました。
「どちらの会社が第一希望ですか」
「〇△(一流企業)です」
「我が社は第何希望ですか」
「第三希望です。貴社は滑り止めですから、第一か第二が内定したら、そちらに決めます」
 そう言われた企業でも内定にすると言うことに、更に驚きました。それは、本当の話しですかと聞き返しました。
 第三希望だったけれど、第一、第二希望の企業が落ちたから、滑り止めで受かった会社に行く。そんな気持ちの新採用よりも、就職氷河期の苦労人を採用した方が、余程会社のためになって働いてくれるのではないかと、私は思うのです。
posted by nikki at 06:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする