2021年02月14日

バレンタイン

 私が、バレンタインというものを初めて知ったのは、中学一年の時でした。
 あれは、2月13日だったこと、そして今年と同様に土曜日だったことも、しっかり覚えています。  昔の学校は、土曜日も午前中に授業がありました。土曜日の放課後、ただの友達同士の女の子が、突然、私に50円玉を差し出したのです。なんだろうと思っている私に、彼女がこう言いました。
「明日、バレンタインだから、50円あげる。この50円でチョコレート買って食べて」
 そう言われても、何故チョコレートを、この50円で買って食べなければならないのか、私には全く分かりませんでした。そんな私の様子を見て、いらいらしながらその女の子が言いました。
「明日は2月14日。2月14日はバレンタインの日なの。女子から男子にチョコをあげる日なの。そのぐらいのこと知っておきなさいよ。明日、日曜だから、会えないでしょう。だから、この50円で、チョコを買って食べなさい」
 とかなんとか上から目線で言うと、その女の子は、さっさと背を向け、とっとと帰って行きました。
 何のことやらさっぱり分かりませんでしたが、しっかり50円玉を握って、私は一人で家に帰りました。その50円でチョコを買って食べたのかどうか、そこの記憶は全くありません。バレンタインが近づくと、幼い頃の温かな私の記憶として、こんなことを思い出すのです。
posted by nikki at 11:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする