2012年10月09日

文学の周辺

その1

 私は、特定の作家の作品を読み漁る癖があります。これぞと思った作家の作品を 追いかけるようにして読んで行くのです。ただ非常に遅読で、作家選びにも偏りが あることを認めています。これらの傾向は、とても人様に自慢できるようなもので はありません。その読書遍歴は高校時代にまで遡ります。そして高校生の私が初め て傾倒したのは、やはり同郷の作家太宰治でした。
posted by nikki at 10:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする