2017年03月07日

能ヶ谷通信

沈丁花


 まだ、春の暖かさを実感するような気候ではありませんが、春は身近に訪れています。何時もの通り道に、沈丁花が数本植えられているところがあります。そこの沈丁花の蕾が、ここ数日の間に数輪綻び始めていました。まだ、香りは高くありません。しかし、あと一週間もすれば、あの甘い心ときめく春の香りで、道行く人達を幸せな気持ちにさせてくれるでしょう。
 新しい年が明けたばかりだと思っている間に、もう3月になっています。光陰矢の如しですが、早瀬のような時の流れの中で、季節を違えずに咲き誇る花々が、彩りで香りで私達の生活に潤いをもたらしてくれます。


posted by nikki at 14:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする