2017年03月13日

能ヶ谷通信

私たちは、忘れない。


「私たちは、忘れない。」
 日本赤十字社が発信するこの言葉には、東日本大震災とそれに因って多くの貴重な命が奪われたこと、そして被災者の方々の苦悶は未だ続いていることなどを忘れずに、一日も早い復興を願いつつ、この大震災を教訓として行こうという意味が籠められていると思います。
 今から6年前の3月11日14時46分に、マグニチュード9の巨大地震が発生しました。その時に起きた津波などによって命を落とされた方、震災関連死で亡くなられた方々などのご冥福を祈るため、地震発生と同じ時間に、日本国中の多くの人達が黙祷を捧げました。
 私が、新宿マルイメンズに入った丁度その時、東日本大震災が発生した14時46分に黙祷を捧げる旨の館内放送が流れました。店内にいる人達は買い物客も店員も全員が、放送での合図と共に直立し頭を垂れて黙祷を捧げました。館内は一瞬水を打ったように静かになり、道をゆく車の音だけが耳に響きました。新宿マルイメンズの客層は若い人達です。彼等は真剣に黙祷を捧げていました。また一つ若者を見直す日となりました。


posted by nikki at 15:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする