2017年05月29日

能ヶ谷通信

素足に革靴


 先だってのお話です。朝から雨模様の日でしたが、家を出るときにはさほど強く降っていませんでした。ところが、職場の最寄り駅(とは言っても10分ほども歩かなければなりませんが)に着くと、雨脚が強くなっていました。職場に着く頃には、革靴に雨が染みて、靴下が相当に濡れていました。足元を濡らしたままにして、風邪をひいたことが以前に何度もありましたので、デスクワークをいいことにして、デスクの下に脱いだ靴と靴下を置き乾かすことにしました。座って仕事をしている分は良いのですが、コピーをとるとか書類を探すなど、立ち上がって机を離れることがあります。まさか、裸足の侭でオフィスの中を歩き回ることは出来ません。そんな時は仕方なく素足で濡れた革靴を穿きました。靴下は帰り時間まで乾きませんでしたので、その日の帰りも素足に革靴という恰好でした。次の日、職場の若い女の子に、昨日の素足に革靴オシャレでしたよと言われました。もう吃驚でした。自分としては、やむを得ない恰好だったのにと心の中で苦笑いをしました。


posted by nikki at 09:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする