2017年09月10日

新宿の鈴虫

 先日、仕事が長引き夜10時頃に、新宿の東口から西口方面に抜ける角筈ガードを通った時のことです。このガードは幅2メートルほど長さは50メートルほどの狭い通路です。天井も低く高さは2メートル程もあろうかと言うところです。そんな角筈ガードに入った途端、低い天井から秋の虫の音が降り注ぐように聞こえてきたのです。ガードの上は幾本もの線路が走っています。線路際には野の草が生い茂っています。都会の叢に生まれた秋の虫が、新宿の街の思わぬ所で、風流な一時を道行く私達に提供してくれていました。気持ちがほっこりとした都会の秋の小さな一齣です。
posted by nikki at 16:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする