2018年04月02日

君子蘭

 6年前、青森から東京へ引っ越しした時、君子蘭の鉢も持ってきました。引っ越しする年の前年に、株を分けて植え換えをした君子蘭で、ここ7年間は花を付けていなかったのです。しかし、その長い沈黙を破り、今年、再び蕾が付きました。日に日に花茎が長くなって蕾も大きくなり、橙色に色付き始めたのです。根はじっくりと張り、葉は懸命に日光を浴び、東京の環境に適応しながら、花を付ける準備をしていたのでしょう。どんなことがあっても諦めることなく、地道に努力していれば、きっと自分の花を咲かせることが出来ると、私へのエールを語りかけてくれるように感じました。
posted by nikki at 07:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする