2018年04月23日

男の苦労

 当然のことながら、町の中には男も女の人も混ざり合って行き来しています。そんな中、私はエスカレーターに乗る時、短いスカートの女性のすぐ後には乗らずに、数人の人を挟んでから乗ることにしています。満員電車の中では、なるべく女性の傍に行かないようにしていますが、ぎゅうぎゅう詰めの時には、そんな訳にもいきません。その時には、両手で吊革につかまるか胸の上で腕を組むような恰好にします。夜道を歩く時は、女性の後ろについて歩くようなことはせずに、右側を女性が歩いていたなら、出来るだけ左側に寄って足早に追い越して、自分が前を歩くようにしています。
「男はみんな、オオカミよ」なんて歌がありましたが、善良で小心者の男にはそんな苦労もあることを、女性の方々が少しはお心に留めていただければと、ささやかに思うこの頃です。
posted by nikki at 09:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする