2018年04月23日

都忘れ

今日は春なのに、初夏を思わせる陽気です。庭に出て見ると鉄線が咲いていました。やはり例年より少し早いのでしょうか。そして庭の隅に都忘れも咲いていました。
 この都忘れという花の名前を、小さな頃に亡き母から教わったことを鮮明に覚えています。何故、そんな些細なことを今もって覚えているのかと、自分でも不思議です。あの時も、今日のような晴天の日だったような気がします。厳しいけれども優しかった母の思い出は、花に関したことが多くありますが、都忘れは目立たない楚々とした小さな花なのに、私にとっては、母への思い出が春日に美しく揺蕩(たゆた)う花なのです。
posted by nikki at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする