2018年05月08日

母の写真

 長い連休も終わりです。今年のゴールデンウィークは天気に恵まれて、絶好の行楽日和が続きましたが、私はほとんど家で過ごしました。やらなければと思いつつも普段出来なかったことが山ほどあるのです。
 その一つが亡き父母の遺品整理です。今回は写真を整理しましたが、整理すると言うよりも、その写真をじっくりと見てしまい、あまり整理が進まないうちに時間だけが過ぎていきました。父の写真は手つかずのまま、母の写真は、その半分も整理されずに連休が終わりました。母が残した写真を見ると、晩年の10年間ほどは、アメリカを始め国内も沖縄から北海道まで様々な所へ旅行していたことを再認識しました。
 旅行のどの写真にも笑顔の母が写っていました。母は若い時分、明日食べる米の心配までするような生活をしたこともあって苦労の連続、私は幼いながらも、そんな母親の姿を見て育った記憶があります。しかし晩年は、父の仕事も順調で、母は若い時に行けなかった色々な所への旅行三昧が出来ていた様子が、残された写真から窺い知ることが出来ました。母が生きている間に親孝行が出来なかった私ですが、楽しく幸せそうな母の旅行写真を見て、良かったと心から思いました。そんなことがあったからでしょうか。どんなストーリーだったのかも思い出せませんが、幸せそうな笑顔の母が夢の中に出て来たのです。連休最後の朝、私は、春の淡い眠りの中から満ち足りた気持ちで目覚めました。
posted by nikki at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする