2018年12月11日

冬の鈴虫

 先達て12月だというのに全国的に温かく、首都圏でも25℃を超える夏日になった所もありました。私が住まう所も師走とは思えないような温かさで、日中は窓を開けていました。夕方、私の耳の底に美しく響くものがありました。まさかとは思いましたが、じっと耳を澄ますと、それは鈴虫の鳴き音だと分かりました。3日ほどすると気温は一気に下がり冬の寒さが到来しました。流石に、鈴虫の鳴き音は聞こえなくなってしまいました。鈴虫は、その寒さで儚い命が絶えてしまったのでしょう。今年の冬は、鈴虫たちに今一度の命の輝きを与えてから本来の寒さに戻ったのです。
posted by nikki at 09:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする