2018年12月15日

国会議員会館

 先月、佐賀県に行って来ました。目的は、日本赤十字社の生みの親にして初代社長の佐野常民記念館を見学することでしたが、幕末、明治維新時の佐賀藩の偉業も知ることが出来ました。その佐賀藩の偉業は、当時の藩主鍋島直正の存在をなくして語ることが出来ないと思いました。鍋島直正候は、藩主となって藩の財政を立て直すために、役人を五分の一に削減したといいます。
 立ち返って、今日の日本国の財政難の折、参議院議員が6人も増えることに大きな違和感を感じます。衆議院にしても参議院にしても、国会議員が多過ぎます。極論を言えば半分でも多いかも知れません。更に国会議員にかかる経費も多過ぎます。無駄遣いとしか言いようがない支出内容がニュースになっています。そんな中で参議院が増えるために、議員会館に議員の部屋を3部屋つくり、その経費がなんと1億八千万円だというのです。この一億八千万円があれば、どれだけ多くの苦しい生活を強いられている人達が救われるでしょうか。こんな無駄遣いに仕事の時間を割く役人達もいるのです。国会議員や役人の彼等は心が痛まないのでしょうか。何の為に働き、何の為に頭を使っているのでしょうか。もう一度、国民のことを思いやって仕事をしているかどうか、議員も役人も自分の足元を見詰め直さなくてはならないのではないでしょうか。
posted by nikki at 15:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする