2019年01月14日

 23年前に亡くなった母親の夢を見ました。何を話したのか目覚めた時には、すっかり忘れていましたが、穏やかで優しい表情の母であることは確かに覚えていて、温かな気持ちになりました。
 母は生前、
「普段から身綺麗にしていなさい。死んだ後に皆さんの夢に出てくる時は、よそ行きの姿でなく日常の姿、普段着の恰好で出てくるからね」 と口癖のように話していました。
 そう言う母は、確かに普段からおしゃれな人でした。母は、家の中のいたるところに鏡を置いて、普段から身なりに注意を払う人でした。
 先日見た夢の中の母は、どんな恰好だったか漠然としていますが、おしゃれな日常の姿だったように思っています。
posted by nikki at 11:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする