2019年02月04日

三度目の春

 節分を終え、いよいよ立春。長い冬も少しずつ先が見えてきたように思います。
 十二ヶ月を四つの季節で分けると、11月・12月そして1月は冬と定められています。しかし、この冬の時期に日本人は既に二つの春を迎えていたのです。一つは冬至。二十四節気の一つで、夜が一番長く昼が一番短い日ですが、この冬至を境にして日一日とまた昼の時間が長くなっていくという一つ目の春を、12月の22日頃にまず迎えるのです。それから、お正月。初春、新春を言祝ぎ迎えて二つ目の春を過ごします。そして立春。三つ目の春を暦の上で確認しつつ、長く厳しい冬を乗り越えて、日本人はいよいよ、暖かな本当の春を迎えるのです。
posted by nikki at 07:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする