2019年03月16日

小さな物語

 いつも行く3階にあるカフェの窓から、新宿の街並みと人の往来を眺めていると、時間が経つのも忘れます。私は時折、そんな風な時間を過ごしていますが、そんな人の流れを見ていると、様々な思いが生まれてきます。街を行き交う人達のひとり一人が、それぞれの暮らしを持ち、人生という物語を紡ぎ、笑ったり、怒ったり、泣いたり、騒いだり、悲しんだり、喜んだり、絶望の淵に立ったり、希望に燃えたりしながら生きているのだなと、つくづくと胸に染みるのです。そんな時、人間っていいなと思うのです。そして、小さな物語が浮かぶのです。
posted by nikki at 07:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする