2019年03月25日

値段を売る

 ブランドショップをのぞくと、何故こんなに高い値段が付くのだろうかと疑問に思ってしまう。値段が高くなければ、人の虚栄心を満たしはしない。その虚栄心を突いて、この商売は成り立っているのだろう。安ければ誰も見向きもしないかも知れない。つまりは、値段を売っているのだろう。
 何かを求める時に、死んだ母がよく言っていた言葉がある。
「値の高いものではなく、品物の良い物を買いなさい」
 値の張る物が良い物とは限らない。値段で物の善し悪しを判断するのではなく、品物の良い物を見極める目を持つことが大切。付いた値段が本当にその物の価値として相応しいかどうか。それは自分で判断しなくてはならない。値に惑わされることなく、品物の良し悪しを見定めなさい。
 少し値の張る物を買う時、私は、そんな母の言葉を思い出すのです。
posted by nikki at 09:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする