2019年04月01日

都会のケーキ

 都会のケーキは大概のところ値段が高い。ショートケーキ1個が500円や600円は普通。1000円超えのケーキもあります。勿論、1ホールの値段ではありません。そして、そんな高いケーキのなんと小さいことか。高齢者と呼ばれる年齢の私でも、一つではもの足りなくて2、3個ほど食べなければ、食べたという気がしないほどです。パティシェだかカリスマだか知りませんが、とにかく高いのです。お洒落な店のマカロンやチョコレートにいたっては、手間のかかる高級なお菓子なのでしょうが、庶民の私にしてみれば高過ぎます。よって無理して買わないことにしています。お金の有る方は、どんどん食べて下さい。
 上野の不忍池の近くにあるお菓子屋さんは、何時行っても込んでいます。先日などは、店内への入場制限があり、店外に長い行列が出来ていました。その店のケーキは150円から200円ほど、プリンにいたっては50円だったと思います。私はグルメではありませんので、そこの店のスイーツで充分満足しています。
 またまた先日のことですが、横浜駅近くにあるホテルの喫茶部でケーキセットなるものを頂きました。2000円程だったと思います。その時に出て来たケーキの小さいこと。一緒にいたお金に不自由のない女性の方も、でかい皿にちんまりと乗ったケーキを見て思わずでしょう「あら、お上品ね」と一言。私をはじめ居合わせた人皆が、そうだねと頷きました。あまりの小ささに、ちびちび食べたので美味いのか不味いのか、とんと分かりませんでした。今後、多分そこに行くことはないと思います。
posted by nikki at 07:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする