2019年04月15日

カラーテレビ

 今の世の中、カラーテレビはあたりまえ。更にテレビは進化し続けて4K・8Kのテレビまで開発されています。しかし、私が子どもの頃に見ていたテレビは白黒でした。その白黒テレビで力道山のプロレス、「チロリン村とくるみの木」、「夢で会いましょう」などを楽しみました。
 皇太子様と美智子様の結婚パレードの時、ご近所の家ではカラーでその様子を見るというのです。どんなものかと思いきや、白黒テレビの画面の前に、上部が青色で真ん中が透明、下の部分が桜色というプラスチックで出来たフィルターを掛けただけのことで、画面そのものがカラーではなかったのです。子ども心にも、ひどくがっかりとした記憶があります。
 私が大学生の頃、カラーテレビは高級品でした。大学の卒研担当の教授の家も、まだ白黒テレビだったそうで、子どもさんにカラーテレビを買ってくれとせがまれた時、カラーテレビは目に悪いからと言って、白黒テレビで我慢させていたそうです。その教授がお子さんを連れて知人宅に遊びに行った時、テレビでも見ましょうかと言ってスイッチを入れると、テレビの画面はなんとカラーだったのです。そのカラー画面を見た教授のお子さんは、間髪を入れず「あっ、目に悪い」と言って手で目を覆ったそうです。件の教授は、顔から火が出るほど恥ずかしかったと話していました。そんな時代もあったのです。
posted by nikki at 06:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする