2019年05月27日

毛糸のニット帽

 5月にして真夏日。今日も暑い一日になりました。この暑い最中、毛糸のニット帽を目深に被っている人を新宿で2人ほど目にしました。
 余計な心配とは思いますが、頭が蒸れないのでしょうか。蒸れて痒くならないのかと、いらぬ心配をしています。
 私の50代前半のことですが、一時期、頭皮が痒くて病院に通ったことがあります。シャンプーやリンスの問題かと思い、様々な物を試してみましたが一向に痒みがとまりません。濯ぎが足りないのかと、普段の倍の時間とお湯を使ってみましたが、それでも痒みがとまらず、ようよう皮膚科に行きました。医師は初老の先生で、診察した後でこう助言してくれました。
「酒、たばこは出来るだけ慎んで下さい」  私は、からきしアルコールには弱くて酒は飲まない、いえ飲めない質なのです。たばこは吸ったことがありません。そうお答えすると、それでは野菜を一杯食べなさいとアドバイスをしてくれました。しかし私は肉や魚よりも野菜が好きな方で、普段から野菜を多く食べています。そのようにお話しました。飲み薬と塗り薬を調剤して貰って帰りました。その薬がなくなったので、再度、件の皮膚科に行きました。その時も医師は、酒やたばこはやめなさい、野菜を多く食べなさいと助言しました。私はまた、酒・たばこは一切嗜まないこと、野菜は大好きで毎日食べていることをお伝えしました。3度目の通院時に、また医師が酒たばこと野菜のことを話し出しました。私は、もう何も言いませんでした。そうしたら、付き添っていた看護師さんが「先生、この方は酒もたばこもやらないそうで、野菜は沢山食べている方です」と告げてくれました。医師曰く、そうですか。
 それ以来、その病院には行きませんでした。そして何時の間にか痒みはとまっていました。何が原因で痒くなったのでしょうか。私は、ストレスだろうと結論づけていますが。
 頭皮が痒いことも辛いものです。この暑い最中、毛糸のニット帽を被っている人を見ると、こちらの方が頭皮が、またぞろ痒くなりそうです。あの方達は、大丈夫なのでしようか。毛糸のニット帽を被って、熱中症になったのでは様になりませんね。
 昔から言います。頭寒足熱と。
posted by nikki at 06:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする