2019年06月10日

新宿駅の木陰

 大都会新宿駅の東口、アルタ前に2本の大きな欅の木が枝を広げて立っています。夏の日盛りに、その葉叢はその時々によって、大小の違いはあるけれど東西南北いずれかの方向に木陰を作ってくれます。
 待ち合わせや信号待ちの人々は、僅かな時間にその木陰で涼をとるのです。冬、そして気候の良い春秋には気にもしない欅の存在ですが、木陰のありがたさに欅を見上げれば、それは、なんとも立派な木なのです。
 美しい日本の美しい大都会の夏の1ページに、木陰の涼しい風が吹き抜ける季節になりました。
posted by nikki at 07:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする