2019年08月26日

見ない自由

 出演依頼をするテレビ局も、テレビ局だと思いますが、韓国籍だと思われる女性の大学教授が画面に出て来たら、私は直ぐにチャンネルを変えます。
 日本では何でも言える自由があり、その女性は言いたい放題です。それはその人の毀誉褒貶の言葉ですから、別段驚くことはありませんが見たいとは思いません。見ない自由もあるのです。
 チャンネルは便利です。チャンネルを変えるだけで、嫌な人が目の前から消えてくれるのですから。
 古来からある意味合いとは違うと思いますが、次なる言葉をお借りします。
「見ぬこと清し」
 見て毒されるよりも、見ずして心清くありたいと、気持ちを籠めて使わせて頂きました。
posted by nikki at 07:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする