2020年03月30日

国民の義務

 新型コロナウイルスの猛威は収まる気配もなく、日本でも日に日にクラスター感染が増えてきています。
 私は時差出勤や休暇を取りつつも仕事の都合上、どうしても職場のある新宿に行かなければなりません。先週木曜日の帰宅時の何時もと替わらぬ大勢の人出を見て、これは大変なことになるぞと肝が冷える思いでした。多くの若者達が、マスク(マスクがないのかも知れませんが、それだったら尚更のこと人混みを避けなくてはいけません)もせず仲間達と連んで遊びに出歩いているのです(どう見ても遊びとしか見えない恰好や行動です)。テレビのニュースを見ると、それは新宿に限ったことではなく、渋谷などでも同じようなものでした。気が緩んだのかも知れません。また、或る大学の近辺では、飲んで騒ぎ、そして街中での大縄飛びや大合唱、終いの果てには路上で眠ってしまうという有様。日本はどうなるのだろうと心配することは勿論ですが、それにも増して腹立たしささえ感じました。
 流石に今回の土日は外出自粛をしてくれた人達が多いようでしたが、まだまだ油断してはなりません。
 先日、孫がマスクをせずに遊びに来たので、マスクをしなさいと注意すると「子どもはウイルスに罹っても、軽く済むから」と言い訳したのです。私は「自分が軽く済むとかの問題ではない、軽くても罹らないこと、そして他人にウイルスをまき散らすことのないようにすること、その為に自分が出来ることは徹底して行うことが、今現在の私達国民の義務だよ」と言い聞かせました。それは、自分にも当てはまることです。
 今の状況下においては、老若男女、全ての国民の義務として、不要不急の外出自粛、マスクと手洗いの励行を徹底しようではありませんか。
posted by nikki at 10:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする