2020年04月12日

私達の行動は歴史に

 世界中にコロナウイルスが蔓延している今のことは、歴史に残る大惨事です。今回のコロナウイルスがどのようにして発生し、どのように世界中に広まっていったのか。各国の為政者やそれぞれのリーダーがどのような方策をとり対応したのか。その結果、各国の状況はどのようになったのか。後日、詳細に分析され評価されるでしょう。しかし、最も真剣に語られるのは、それぞれの国の一般市民が、コロナウイルス対策にどのように対応したのかではないでしょうか。歴史上の大惨事に直面した各国の人達が、どのような行動をとったのか。検証される日が必ずやってくるでしょう。その時に日本人の行動はどうであったのかが評価されるのです。今この時、コロナウイルスと闘うべく老若男女全ての日本国民のとった行動が賞賛に値するものでありたいものです。立場の違いもあるでしょうが、国民の一人一人が、あらゆる手を尽くし考え、各々なすべきことをしっかりと実行することこそ、今のこの状況の中で生きている私達に求められていることなのです。今この時期に、ナンパするために歓楽街にたむろしてはなりません。自分はコロナウイルスに罹らないなどと根拠のない傲る気持ちを持ってはなりません。要請されるまでもなく、私達は慎むべき身を慎むのです。そしてそれぞれが助け合い生き抜いて行くのです。今を生きる私達の行動は歴史に刻まれるのです。
 テレビや新聞を見ていて、気になることがあります。出演者の方々が、何処の国ではこんな事をしていた、あそこの国ではこうだ、だから日本もそうするべきだと、恰も日本の方法が間違っているかの如き発言をする有識者と呼ばれる人が多くいます。私は、そうは思いません。しっかりとした根拠と、医療など国内の状況そして何よりも国民のことを考えた方策をとっているのだと思います。検査も大切ですが、その数だけでなく国内のコロナウイルスによる死者の数を見れば、各国に比べてその少なさは歴然としています。今の日本は間違っていないと思います。私は、今回のコロナウイルスの対策チームの健闘と並々ならぬ努力、そして力量に大いなる敬意を払います。
posted by nikki at 11:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする