2020年05月25日

国際機関の在り方

 先日のWHO総会の台湾排除の姿勢に、大きな疑義を抱いています。地球上の全人類の重大な危機である新型コロナウイルス渦にある今日、一つの地域を排除するその行為は、如何なる理由があろうが、国際的な機関がしてはならないことです。
 常々、国連の機構にも疑義を感じています。常任理事国の中の一国が反対したならば、他の多くの国が望むことでも否決されるなど、正に言語道断のことです。
 様々な国際的機関がありますが、今一度、その組織・機構について見直してみる時期ではないかと思うのです。
posted by nikki at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする