2020年10月19日

盗人萩(ぬすっとはぎ)

 我が家から駅までの歩道に石垣沿いの道があります。道幅は狭く人が擦れ違える程度ですが、自転車もよく通ります。そんな時は石垣側に身を寄せます。その石垣には雑草が結構生えています。
 昨日、帰宅して着替える時、ズボンの裾に盗人萩の種子が付いているのを見つけました。この萩は小さなピンクの花を咲かせる豆科の植物です。際だった主張もなく目立たない花です。しかし、その種子の殻の表面には、マジックテープのような無数の突起があり、衣服に付いて様々な所に運ばれ、種を増やして広める花です。たくましい生命力を感じます。
 我が家の庭の隅っこにも、毎年、この盗人萩が芽を出して花を付けます。私が何処かで種子を服に付けて帰って来たものが根付いたのでしょう。こんな盗人萩もまた、我が家の庭に咲く愛おしい花の一つです。
posted by nikki at 07:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする