2021年03月28日

春の台(うてな)

 我が家の玄関先に、紅色の大輪八重咲きの椿があります。直径が15センチほどもあり、一つの花の重みで細い枝が撓るように咲くのです。
 妻は、その花が咲く度に「美智子様の帽子のよう」と形容するのです。正にそのような高貴で華やかな椿の名前が「春の台」です。お釈迦様が鎮座される蓮弁形の壇のことを「台(うてな)」と言いますが、正にお釈迦様のお姿を載せて見たくなるような椿です。
「ウテナ」と言うと、もう一つ思い浮かぶものがあります。今は亡き母が、愛用していた美容クリームに「マダムジュジュ」がありますが、もう一つ「ウテナ」のクリームもありました。遠い昔の母の思い出です。
posted by nikki at 15:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする