2012年10月01日

作者プロフィール

昭和26年1月1日 青森市に生まれる
44年3月 青森県立五所川原高校卒業
48年3月 東海大学理学部化学科卒業
50年3月 東海大学大学院理学研究科化学専攻修了
   4月〜 青森県立高校教員、県教育庁社会教育主事として勤務
平成22年3月 青森県立北斗高校長を定年退職
posted by nikki at 10:34| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作者経歴

平成 7年 東奥日報十枚小説入選「縁」
   11年 第9回ゆきのまち幻想文学賞大賞「夜咄」(よばなし)
     『青森美術音楽鑑賞会文化情報誌ABOK(アボック)』
     に エッセイ「楽書盤」(らくがきばん)連載開始(平成
     24年3月まで連載)
  12年 第10回ゆきのまち幻想文学賞長編佳作「雪の散華」
     (ゆきのさんげ)
   13年 東奥日報新春短編小説「雪裏の華」
   17年 『ケータイ情報webサイトA−Get(エーゲット)通
      信』に「雪降る駅で」連載開始
   24年 あおもり芸樹鑑賞友の会文化情報誌『び〜ち』に「東京
      通信」連載開始
     『北の街』に『東京メッセージ』連載開始
      小説「雪降る駅で」刊行(泰斗舎刊/1400円+税)

posted by nikki at 10:36| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

趣味

茶の湯と文学

 18歳から茶の湯を学び現在に至っています。茶歴は今年43年。茶名は 宗裕。茶の湯は、点前や作法だけではなく、書画骨董・陶磁器・漆器・ 木地物・裂地(きれじ)・数寄屋(すきや)建築・茶庭・茶花・菓子・ 懐石(かいせき)・歴史など様々な日本文化の分野に及び、それら全て に興味があります。私にとって茶の湯は、文学と一体のようなものであ り、生活そのものです。
 音楽でも絵画でも映画でも旅行でも、それらの全ては私の中で文学と 茶の湯に結びつくのです。
posted by nikki at 10:38| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする