2020年06月15日

コロナ渦中の茶会

 未だ新型コロナウイルス感染の収束が見えない中、茶会の在り方が問われます。
 茶会は、正に三密の極みです。密閉した茶室空間、密着した座、密接な遣り取り。その上、お茶、お菓子、点心や懐石などの飲食を伴います。今この時の茶会をどのように行うか、茶人の工夫が問われています。
 今後、新型コロナウイルス感染の2波、3波が予測されます。ワクチンが開発されるまでは、三密を避けた茶会を模索しなければならないでしょう。これもまた、茶の歴史となるでしょう。
posted by nikki at 06:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

実体経済と株価

 このコロナ渦中にあって、多くの企業そして人達が経済的に苦しい状況に置かれているにも拘わらず、株価は上昇し取引を終えている日が続いている。株価が上がったからと言って人々の暮らしが良くなっているわけではない。つまり、株価の変動で実体経済の善し悪しを判断できないのであろう。株は、マネーゲーム。株というシステムを根本から見直す時が迫っているのかも知れない。
posted by nikki at 06:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

憎しみもなく、罪もない者達を闘わせる権力欲

 香港の今の状況を見ていると、その裏にある欲望に塗れた権力者達の姿が浮かびます。デモをしている若者達。それを押さえようとしている若者達。本来ならば互いに助け合い、微笑み合って共に過ごす若者達でしょう。しかし、そのような若者達を二分して闘わせ、自分達の欲望を満たそうとする悪意が透けて見える気がするのです。
 また、国民の感情を煽り立てて、権力維持に努めようとする為政者達にも、同じような腹黒い意図を感じるのは私だけでしょうか。
 コロナウイルス感染予防の為に、人々の繋がりが変わりつつあります。人は人との繋がりの中でしか繁栄できないことを、コロナウイルスは私達に教えています。近隣において、国内において、そして国際的にも、人が人を憎み侮り、悪口を言い合うことに何の利があるのでしょうか。あるのはどす黒い欲望だけのような気がします。
posted by nikki at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

国際機関の在り方

 先日のWHO総会の台湾排除の姿勢に、大きな疑義を抱いています。地球上の全人類の重大な危機である新型コロナウイルス渦にある今日、一つの地域を排除するその行為は、如何なる理由があろうが、国際的な機関がしてはならないことです。
 常々、国連の機構にも疑義を感じています。常任理事国の中の一国が反対したならば、他の多くの国が望むことでも否決されるなど、正に言語道断のことです。
 様々な国際的機関がありますが、今一度、その組織・機構について見直してみる時期ではないかと思うのです。
posted by nikki at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

新しい生活様式の中のテレワーク

 3月下旬から今までの約2ヶ月、テレワークを中心に仕事をしています。初めは、本当にテレワークで仕事が進むのだろうかと思っていましたが、やってみると意外と出来るものです。今まで、積み残していた仕事や課題も、通勤に時間がとられない分、やることが出来ました。また、仕事が終わったらすぐに、家の用事や庭仕事が出来るという利点もあります。しかし私の場合、仕事の全てをテレワークで対応することは無理です。今は、極力テレワークをしなければならない時期ですが、仕事をするための書類や資料、そして職場に来たメールや郵便物等のチェックや対応などで、1週間に一度程度は職場に行きます。
   緊急事態宣言が解除された後、1週間のうち4日間はオフィスで、1日はテレワークでという働き方も有りかなと思えるようになりました。
posted by nikki at 05:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

今は、国民全体が一つになって

 テレビ等のワイドショーなどで、日本のコロナウイルス対策が失敗したとか間違っているとか、初動が遅すぎたとか、他国政府を賞賛する意見が横行しています。確かに、日本のコロナウイルスの今までの対策は、様々な点で見直さなければならないことや改善することがあると思います。しかし、今の日本の対策が如何であったかは、後々に検証されるべき事でしょう。今は、国民が一体となって自らがするべきことをしっかりと行くことが大切なのではないでしょうか。政府はそして地方自治体は、多くの困難に直面している人達への対策を早急に実行するとともに、私達も支援できることを着実に実施することではないでしょうか。国家の危機にいたって、批評や批判ばかりを繰り返すことは、皆のためにならないだけでなく、国の力を削ぐ事になってしまうと思うのです。国の全てのことを考えるためには、多方面に目配りをした施策が必要です。政府は一面だけの批判に惑わされてはなりません。多くの事実を謙虚に検証し、真摯な意見に耳を傾け、国民の状況をしっかりと把握して、迅速な対応をとることに国は邁進して欲しいと思います。
 私達の目的は、この危機を如何に早くより良く乗り越えるか、それが一番なのですから。
posted by nikki at 06:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

思っていることは、つい口に出る

 以前、さるお方が
「一番でなければいけないんですか。何故、二番じゃいけないんですか」 というような話しをしたことを記憶しています。
 その方に、そっくりそのまま、お返したいと思います。
「大卒でなければいけないんですか。何故、高卒じゃいけないんですか」
posted by nikki at 10:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする