2020年01月05日

睨(にら)みおせち

 今まで正月のおせち料理は、家内が何日もかけて作ってくれていましたが、家内も60代になり、おせち料理作りが大きな負担になってきたので、通販で取り寄せることにしました。初めて通販で取り寄せたおせち料理が、大晦日の午前中に冷凍の状態で届きました。なかなか立派な三段重のおせちで、元旦に孫達が来て喜ぶ姿が目に浮かびました。料理が傷むといけないと思い、家の中でも暖房をしていない部屋におせちの重箱を置いて元旦を迎えました。お昼前、息子夫婦と孫2人がやって来ました。一頻り皆で新年の挨拶を交わした後、いよいよおせちを食べる段になり、重箱の蓋を開けると孫達が、その豪華さに「わぁー」と歓声を上げて、早速箸を付けました。途端に孫が言いました。「おじいちゃん、このお料理固い」下の孫は「アイスみたい」と言いました。慌てて、私もレンコンを箸にとると、なるほど氷っている感覚が手に伝わってきました。口に運ぶまでもなく冷凍のママだと言うことが分かりました。
 茶道の中で「睨(にら)み菓子」というものがあります。その言葉の通り見るだけで食べないお菓子なのですが、そのおせちは正に「睨みおせち」になってしまいました。それを教訓に、2度目から、おせち料理は30日の午前中に届けて貰い暖房を入れている部屋で1日ゆっくりと解凍し、溶けた段階でおせちのお重を風呂敷に包み直して暖房をしていない部屋に置いて、元旦に食べるようにしています。
 お正月が来る度に、「睨みおせち」のことを思い出し、皆で思い出して笑っています。お陰で楽しいお正月です。
 ありがとう「睨みおせち」さん。
posted by nikki at 14:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

家事は小さな思い遣りの積み重ね

 仕事から家に帰れば夕ご飯が出来ていて、風呂も沸いている。朝、顔を洗って使うタオルや下着・靴下は洗って清潔なもの。そんな、家の中の細々としたことが、きちんとなされていることが当たり前だと思っていた節がありました。しかし、1日掃除をしなければ、埃がたまり汚れが付きます。家の中や庭は、だまっていては綺麗になりません。私が仕事に出掛けた後、様々な家事をこなしてくれた妻がいるからこそ、日常生活が心地良く流れていたことを、退職してから一層強く感じます。
 家事は、なかなか目には見えない小さな努力、そして家族への思い遣りの積み重ねだと、つくづくと感じます。
 家事は、気持ち良く暮らすための大きな仕事だと、私は思うのです。
posted by nikki at 15:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

腕を組んで

  街のいたる所がクリスマスのイルミネーションで美しく飾られ、夜の街を美しく演出しています。
 家内と二人で、渋谷の「青の洞門」や表参道のイルミネーションを見てきました。どちらも大勢の人達で賑わい、イルミネーションと相俟って華やかでお洒落な絵の中にいるような心持ちがしました。ふと、気付くと私と家内は腕を組んで歩いていました。若い時は恥ずかしさが先に立ち、腕を組んで街を歩いたことなど一度もありませんでした。お互い、65歳をとうに過ぎた私達は、腕を組んで歩くと言うよりも、互いに支え合って歩いていると言った方が良いのかもしれません。傍から見ると、そのように見えると思います。しかし、互いに支え合いながらでも腕を組んで歩くのは、良い気分です。結婚してから40年以上が過ぎました。この頃では、家内の仕草の一つ一つを笑顔で見ている自分に気が付くのです。若い時は多くの諍いもありましたが、それも懐かしい思い出になっていることに、今更のように気付くのです。縁あって一緒に歩んできた家内。これからも宜しくと、クリスマスに告げようと思っています。
posted by nikki at 15:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

ノーベル平和賞の原点

 アフガニスタンの復興のために尽力され、先日、現地で何者かによって殺害された医師中村哲氏について、私は今まで何も知りませんでした。今回のこの事件によって初めて知りましたが、中村氏の生き方、献身的な姿に深い感動を覚えます。中村氏はノーベル平和賞の候補にも名を連ねたことがあると聞いた時に、なぜ中村氏にノーベル平和賞が贈られなかったのかと歯を噛む思いです。
 中村氏がアフガニスタンの人々のために水路を建設している時、大国の為政者トップがアフガニスタンを空爆し多くの市民を巻き込み、死傷者を出しているのです。多くの特権を与えられ、人も羨むような生活をしながら空爆を指揮する国家元首より、また、まだ人格の定まらぬ者達よりも、中村氏のような人にノーベル賞が授与されるべきではないかと思うのです。
 第1回のノーベル平和賞は、赤十字の生みの親アンリー・デュナンに贈られました。彼は「ソルフェリーノの思い出」という本を書いて自費出版し、傷付いた兵士は既に兵士ではないから、敵味方の区別なく救わなければいけないと訴えたのです。しかし、博愛の精神を持った彼は、事業の経営者としては失敗し、赤十字が世界に広まった頃には、何処に行ったのかすら分からない状況でした。そのアンリー・デュナンをスイスの地方紙の記者が発見し、世の中に紹介したのです。そしてアンリー・デュナンは第1回ノーベル平和賞を受章されました。この受賞こそが、ノーベル平和賞の原点ではないでしょうか。今後のノーベル平和賞に期待したいと思います。
posted by nikki at 07:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

温もりの光景

 先達ての帰宅ラッシュの電車の中でのことでした。
 様子の良い60代前半と覚しき方が、立っている私の一つ斜め前のシートに座って、文庫本を読んでいました。その男性が、熱心に読んでいた本から、なにげなく自分の前に立っている方に視線を向けた時、そこにお腹の大きな女性が立っているのに気付いた風でした。その男性は直ぐには、その妊婦さんに席を譲ることはしなかったのですが、程なく到着した駅で電車か止まった時、直ぐその女性に席を譲りました。混雑し動いている電車の中で席を替わることの危険性を避けた席譲りの行為は、スマートで気の行き届いたものでした。席を譲られた女性は、素直に感謝の言葉を口にして腰を下ろしました。立ったその男性は、何事もなかったように、また本を読み始めました。
 快速急行の電車は、間の駅を幾つも通過しながら走行していました。そして10分ほど過ぎたあたりに着いた駅で、男性が降りようとシートに背を向けた時でした。席を譲って貰った女性が男性のスーツの裾を少し引きました。男性が、振り向くと女性は深々と頭を下げていました。男性も会釈を返して電車を降りました。
 その次の駅で降りた私は、そんな温もりの光景を胸に帰路に着きました。
posted by nikki at 09:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

社会を育てる

 今、企業では30代・40代が不足していると聞きます。大小の関係なく企業は、30代・40代の人材を求めています。しかし、その人材は、直ぐに役に立つ人材でなければいけないのです。つまるところ、他人が育て上げた人材を都合良く取り入れたいという考えです。
本来、自社を支えるそれらの大きな力は、自分達で育て上げるべきなのです。今、有能な力を持っている30代・40代の人達が、就職も出来ず、また非正規で埋もれています。定年が延びている現在。今からでも、決して遅くありません。埋もれている30代・40代を自社で育ててください。就職氷河期を経験し就職にも付けずに、今まで日の目を見ずに辛酸をなめてきた苦労人の30代・40代の彼等・彼女等は、会社の大切さを充分に知っているはずです。今まで、良い思いをしてきてヘッドハンティング等と言って、条件の良い会社に転職するような人達とは、会社に対する違った価値観を持って働いてくれるでしょう。
 社会を育てると言うことは、自ら人材を育てると言うことではないでしょうか。30代・40代の人達は、まだまだ育つのです。
 30代・40代の人達の多くが安定してこそ、より良い社会、より良い日本になるのではないでしょうか。
posted by nikki at 13:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

良い関係

 今生きている人達に、当事者としての責任のないことを何時までも言い募り、上から下まで皆がこぞって憎しみを心に抱きながら、賠償という金品を要望し此方に向かう相手とは、仲良くなれるはずはありません。それは道理です。
 銅像は称えるべきものであり、憎しみを拡散させる道具ではありません。ましてやこの銅像は芸術でもないでしょう。
 此方の寺にあった仏像を無断で取っても、裁判所がその行為を正当と認める相手に、心が開くでしょうか。
 今回の延期は、彼の国を見てのことで、此方に配慮したものではないことは、誰でも分かることです。この延期とホワイトの件、スワップの件は全く別物であること、仲良くする条件にはならないことを知って貰うべきでしょう。
 話し合いは継続することが大切です。また、此方と仲良くしたいと思っている人達がいることも忘れてはなりません。そのような方々とは今までのように繋がっていたいものです。お互いに、責任転換をすることなく、真摯に話し合いを続けるべきでしょう。
posted by nikki at 09:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする